So-net無料ブログ作成
検索選択
オペラ・コンサート ブログトップ
前の10件 | -

資金作り [オペラ・コンサート]

 前々から「チャリティコンサート」をしようと思っていて、3年前には開催するホールも借りて、チケットも売れ、募金もして下さる人まで居たのに、そのコンサートの宣伝の為に行ったイベントで歌ったら、そこに来ていたNPO法人理事の土屋とか言う70代の男に、「右乳房挫傷」を負う程の性的暴行をされて、心身ともにダウンで、コンサートは中止を余儀なくされた。

 本当に世の中にはろくでなしがいっぱい居て、うんざりしている。

しかも、その男を警察に告訴して、捜査が始まったら、イベント主催者=語学学校の女校長が操作妨害したおかげで、操作は頓挫する、と言うおまけつきで、私はこの女校長を許さない。

 どんな目に遭っても、世の中へ貢献したい気持ちは無くならないので、親の居ない、恵まれない子供たちが、お金が無いからろくな教育も受けられないなんて事は、とても放っておけないので、どうしてもチャリティでお金を集めて、少しでも教育の機会を得られるお手伝いをしたいと思っているので、先ずは、その「資金作り」をしないといけない。

 月に1~2回程コンサートと「テアトロ・ベルカント」のオペラ公演資金作りの為に、色々と考えた末に、資金源の一つにアフィリエイトを入れたので、そのノーハウを教えてくれる塾に入って、現在奮闘中なので、開講して2ヶ月、1日も休みを取っていなくて、4kg痩せた。

 そして作ったサイトをブログにリンクさせてあるので、未だ、構築中のサイトから、少し売り上げが出始めて驚いているところ。

やっぱり、ノーハウって大事よねぇ!! 

 

 

 


nice!(1)  コメント(0) 

Youtube [オペラ・コンサート]

http://youtu.be/IM1157lUT6o

もう1年半前に録画した画像を、今日やっとパソコンに取り込んで

Youtubeにアップロードしました。

2011年8月31日に予定した「チャリティ・コンサート」でしたが

その直前に、NPO法人の理事をしている土屋と言う71歳の男に

語学学校でのイベントで歌った時に、右胸を指の痕が5本残る程

に捕まれて「右乳房挫傷」を負わされて、当然体調も心の調子も

めちゃくちゃにされ、コンサートは中止を余儀なくされたのです。

でも、ホール代は支払ってあるので、ピアニストとの初合わせに

切り替えたのでした。

その時に歌ったヴェルディ作曲「アイーダ」の勝ちて帰れ!!

体調も喉の調子も悪く、あのホールはデッドで全然響かない

ひどい状況で、合わせも初だったので、お互いに様子を伺い

ながらで、コントロール出来なかったところもありますが、

あの状況ではまあまあだと思います。

これからは、ビデオ画像を時々アップする予定です。


nice!(0)  コメント(0) 

明日はまた訪問コンサート [オペラ・コンサート]

定期訪問コンサートの日がもう早やってきた!

今月も何だかあたふたして、あっという間に過ぎ去って行く。

「光陰矢のごとし」

年を取る程時間の経つのが速くなる、と母が言っていたけど、先人の言う事は本当なのねぇ・・・・・

それで段々、生きることに執着してしまうのか、と思う。

90歳まで生きるなんて、気の遠くなるような時間だった筈が、その年が近づく頃には、「あっという間」に変わってしまうので、もっと生きたい!って思うようになるのかな?!


nice!(0)  コメント(0) 

綺麗なおねいさん! [オペラ・コンサート]

今日は弾き語りコンサートして来ました。
私のコンサートが初めてのお客さんが居て、準備している私をみて

「まあ!綺麗なおねいさんだこと!!」

あら嬉しい、もうおばさんだと思っていたのに!!
ついでに体の調子も良くて、声も楽々と思い通りに歌えて、満点の出来でした。。

良い日でした。



nice!(1)  コメント(0) 

スタジオ・メイのイベントで [オペラ・コンサート]

 昨日は、コンサート翌日でも体調が良かったので、前にイベントで歌わせて頂いたスタジオ・メイのイベントに、久し振りで顔を出してきました。

 イタリアンを出してくださると言う事だったので、出掛ける前に、Pizza ai Funghi (シャンピにオンのピザ)の特大サイズと中サイズの2枚を焼いて、差し入れに持って行きました。
エンクローズド・クッキングヒーターのお蔭で、190℃15分で簡単に焼きあがるので、「出掛ける前にちょちょっと美味しいピザを焼く」、なんて事も出来て嬉しいです。

 昨日は津軽三味線を始めて一年、と言う男性が、三味線を披露してくれました。

三味線の中でも「津軽三味線」は私も好きなので、楽しみに行ったのですが、一年でもここまで上手に成れるものなんだ!
と感心したのでした。

私も、チャリティ・コンサートの宣伝で、Moon River と椿姫の乾杯の歌を歌ってきました。
拍手喝采で楽しかったです。

イタリアンのお料理が、ペンネにミートソースのかかった物と、お豆腐のグラタン、それにフランスパンにトマトベースのちょっとぴりっと辛い具の乗ったのが沢山有って、お腹いっぱい食べてきました。

食べている間に「Joke」と言う芸名の超魔術の奇術師が、トランプのマジックを見せてくれたのですが、テレパシーでお客さんの引いたカードを当てる、と言う芸を披露したのですが、間近で見ていても、種は分かりませんでした。

但し、私も引いたカードの種類は、勘で分かりましたので、ひょっとして、この人は本当に透視能力が有るのかも?!
と思いました。

それで本人に「これって、種が有る様には見えないんですが!種は有るんですか?」
と訊いたら、「超魔術のは種のあるのと無いものがあるので、それはお客さんが判断して下さい!」

私は、この人、多分、「本物の魔法使い」だと思いました。

魔術師のショーはテレビでしか見たことなかったのですが、本物をじかに見ると、有りえない!!って感じでした。

この人、ジョークなのは名前だけで、やっている事は凄かったです。

風貌も、初代引田天功風で、一見して「只者ではない」雰囲気を醸し出しています。







nice!(1)  コメント(0) 

Tom Jones & Scott Walker [オペラ・コンサート]

Tom Jones
I'll Never Fall In Love Again 1969

http://www.youtube.com/watch?v=OGhHfPoY-h8&NR=1&feature=fvwp


Delilah

http://www.youtube.com/watch?v=51TXxW6niqE&feature=BFp&list=PLB84B00F277C89D0C&index=8

トムジョーンズのショーの録画。

観客の反応が面白い。

きゃ〜〜〜!!
きゃ〜〜〜〜!!

イギリス人のテノールポップ歌手だけど、テノールの雄叫びにはビリビリくる女性が多いのが分かる。

私はバリトンの方が好きなので、あんまりびびっとは来ない。

でも、いい声してますね〜!
踊り??は、とてつもなく下手で、プレスリーみたいでおかしいのに、どう言う訳か、ああ言う動きに痺れるらしいのも面白い。あはは!

こちらはスコットウォーカーの サンズオブ

『偉人の子供も無名な人の子供も、聖人の子供も泥棒の子供も、皆同じ』


Scott Walker - The Impossible Dream



Scott はバリトンなのに、高音も非常に楽々と伸びの有る声で出せる所が素晴らしい♪

私はこっちの方が痺れるわ〜〜!



nice!(0)  コメント(0) 

世界一好きな声 スコット・エンゲル [オペラ・コンサート]

http://www.youtube.com/watch?v=b9l7jTwogYs&feature=related

私が子供の頃、Walker Brothers と言うグループサウンズが流行っていた。

子供だった私にはどうでも良かったのだけど、丁度お年頃だった姉達が好きで、レコードを買って聴いていたので、必然的に私も聴く事に成った。

このグループのリードヴォーカルだったスコット・ウォーカー
本名 ノエル・スコット・エンゲル Noel Scott Engel

名前からしてエンゲルとは独語で天使なので、ドイツ系移民の子孫なのかな?!と思っているけど、
この人の声が今でも「世界一好きな声」なので、You Tube で探してみたらいっぱい出て来た♪

子供の頃は英語なんか全然分かんなかったけど、それでも彼の声からは嬉しいのか悲しいのかは聞き取れていた。

分からない子供にでも上手く聞こえるのが、本当に上手い証拠だと思う。

I Don't Want To Hear It Anymore

と言う曲は、木造のぼろアパートに住んでいるカップルが、隣人が自分たちの事を噂している会話が、筒抜けで聞こえてしまう状況の苦痛を歌っている。

「彼女は本当には彼の事は愛してない、他の男と一緒に居るところをみたetc etc と勝手な噂をしているのが全部筒抜けで聞こえてしまう。もう聞きたくない!!
どうしてあんなにうるさく話すのか?!ああ、それに壁が薄過ぎる・・・」

http://www.youtube.com/watch?v=OaIV_KJ59ZM&feature=related

” Too young " 15歳頃の録音 この若さで出来上がっているのだから、「天才」とはこの事だと思った。

http://www.youtube.com/watch?v=vjjN5VB6R3c&feature=related

If You Go Away - オリジナルは Jacques Brel のヌムキトゥパ!
Ne Me Quitte Pas = 「行かないで〜〜!」

http://www.youtube.com/watch?v=lFyLzXVxnqU

スコットは今年の1月9日で68歳に成ったらしい。
人気絶頂で(エルビス・プレスリーを低迷させたほど)、ショービジネスのトップに居乍ら、グループを解散してソロに成り

「金じゃないんだ!!僕らが歌っていても、皆騒いでいてちっとも聴いてないでしょ! 歌詞が大切なんだよ。・・・」

と言う様な事をインタビューでしゃべっていたけど、アメリカからヨーロッパへ渡って地道に活動を続けていたらしい事も、分かった。

そう、お金と名誉だけでは無いのです。

声と共に、そこら辺も気に入りました♪♪



nice!(0)  コメント(0) 

予想以上の結果♪ [オペラ・コンサート]

 
  さて、長い病との戦いに勝利して、やっと私の体に必要な薬と巡り会えて、全ての不調が消え去ったので、いつも、気を失いそうなくらいに具合が悪くても、神様に助けて頂いて、2,005年の札幌コンサートホールのコンサート
でも成功を納めて、感謝状を贈られた初めての歌手にも成りました。

『大変好評な音楽会に成った事への感謝状』
と言う、長い名前の感謝状を札幌コンサートホールから頂きました。

 どんなに体調が悪くても、テクニックでカヴァーして、細心の注意を払って歌い続けて来たのが

昨日の「定期訪問コンサート」では、咽も楽、体も楽、いつもなら歌い始めて30分もしたら、背中がコリコリに成って来て、最後迄歌い通せるかな??

と心配に成るのですが、背中も全然凝ってこないので、自由自在に、ほぼ全盛期の声に近い
『無尽蔵の声』で楽々と歌いきる事が出来ました。

中低音から高音まで何の負担も無く、思い通りに出せるので、表現にも、思いっきり魂を込めて歌う事が出来ました。

いつも乍ら、終わっても皆さんなかなか動こうとはしないので、昨日はなんと、おまけで

VERDI 作曲 歌劇 運命の力 から「神よ!我に平和を与えたまえ!」を付け足す事が出来ました。

「うわっ!すばらしい!!」
と感動して頂いて、又来て下さいね、と頼まれて、いつもならこの体でこのキツいコンサートはいつまで続けられる事やら!?

と思っていましたが、今回は、今迄の「体力との戦い」をせず、ひたすら歌う事だけに集中出来て、楽々と自分も楽しく出来たので、もっともっと歌いたいくらいでした。

予想を上まる体調に、初めての幸福感を感じています。




nice!(0)  コメント(0) 

定休日を [オペラ・コンサート]

 コンサートイベントの仕事は不規則に入って来るので、今迄は定休日は設けていませんでした。

が、『スタジオベルカント』のレッスンに関しては、定休日を設ける事にしました。

比較的コンサート等の仕事の入り易い、金土はレッスンはしない事にしましたので

 これから申し込みされる方は、日曜日〜木曜日のレッスン日をお選び下さい。

それから、札幌駅から一つ目の駅傍の「一軒家レストラン」のオーナー氏と話し合いをして

午後の休憩時間2時〜5時の間、お店を只で貸して頂ける事に成りましたので、その内

そちらでのレッスンも可能です。

 1階と2階を吹き抜けにした、天井の高いよく響く空間での歌唱は、ヨーロッパのホールで

歌うのと同じ雰囲気が味わえます。

乞うご期待!!です。



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - オペラ・コンサート ブログトップ

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村